TAO 別館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メンテ記録

◎120cm水槽
・44L水換え


2週間ぶり?くらいにコケを落としました。
またフィルターが汚れてきたのか、流木にヒゲコケが…(゜o゜)
飛狐クン増員か?

◎60cm水槽
・24L水換え
100327-2.jpg

こちらは完全に水換えのみ。
コケは放置です。
そしてやっぱり魚の姿が見えませんね。
スポンサーサイト
水槽・メンテ | コメント:4 | トラックバック:0 |

久しぶりにいろいろと

昨日のことですが、まずは4カ月ぶりに車が綺麗になりました。
もちろん自分で洗いましたよ。


ボディに景色が映り込むのは何ヶ月ぶりかな~。

そして昼前くらいからは海岸へ行って、久しぶりに流木を拾ってきましたよ(^m^)
100322-2.jpg

以下写真が多いので追記の方へ。

久しぶりにいろいろと…の続きを読む
流木 | コメント:2 | トラックバック:0 |

エアストーンの掃除

120cm水槽にはいぶきのエアストーン(18φ×30cm)を使用しているんですが、どうしてもいつの間にか根元から半分あたりまでしか気泡が出なくなってしまいます。
もちろんコケが付いていくのも原因の一つではあると思いますが、綺麗にした直後でも先端部分は泡が少なかったりします。

なので今日はストーンをハイター漬けにして、その後先端を少し持ちあげた状態でセットしました。
100321-2.jpg

それでも真ん中あたりは気泡が少ないですが、とりあえず先端からも出るようになりました。
場所は右側に移動。
ここはフィルターの水流が届きにくくて、澱んでいそうな感じだったからです。

全体はこちら。


こうなると左側にも欲しくなりますね。
でもとりあえず現状維持で。
120cm水槽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

メンテ記録

◎120cm水槽
・44L水換え
100318-1.jpg

ちょっと水換えの間隔があいたせいか、うっすらとコケが出ちゃってます。
でも気力が無いので放置プレイw

水換え中はこういう状態。
100318-3.jpg

◎60cm水槽
・22L水換え
100318-2.jpg

こちらはもう言うまでもなくコケは放置。
この3連休で統合できるかしらん。
水槽・メンテ | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりあえず流木追加

してみました。
100314-1.jpg

引っ越してきてからずっとバケツに沈めてあった流木を、適当に水槽に沈めました。
まだしぶとく浮いてくるヤツも居たので、それは再びバケツの中へ。

お義兄さんから小さなミクロソリウムを1株頂き、先に入れてあった流木に縛りつけました。
100314-2.jpg

今回は枯れずに育ってほしいものです。
以前はヒゲコケに負けちゃいましたからね。

120cm水槽 | コメント:5 | トラックバック:0 |

メンテ記録

3月9日

◎120cm水槽
・40L水換え
100309-1.jpg

最近は20Lくらいの水換えしかしていなかったので、久々に40L水換えしました。
コケ落としもこれまた久しぶりで、見違えるくらい綺麗になりました(^_^;)

3月10日

◎60cm水槽
・20L水換え
100310-1.jpg

こちらも久々に新水で水換え。
全面と側面のコケも落としました。
背面は放置w

最近エサ時でさえ出てこなくなったちびローチのヨンさまを120cm水槽に移しました。
同期のH君との体格の差がすごいです。
H君のほうが倍くらい大きく見えてしまいます。

水槽の全景はこんな感じ。
そのうち120cm1本にまとまる予定。
100310-2.jpg

水槽・メンテ | コメント:2 | トラックバック:0 |

引っ越し

最近やたらとピジョンブラッドの調子が悪そうだったので、思い切って一足先に120cm水槽へ引っ越ししてもらいました。


数年前の絶好調だった頃と比べると、かなり色が薄くなっちゃってますが、それでも目立ちますね~。
そしてちびディスカスと比較すると、サイズの差がかなりあります。
100303-2.jpg

もっと気になるのは、各ヒレがボロボロになりつつあること。
寿命にはまだ早いような気がしますが、いい加減な飼育者のせいで短命に終わってしまうのかも…。
こちらの水槽に移ったことで元気になってくれるといいなぁ。

そしてピジョンのいなくなった60cm水槽。
100303-3.jpg

塩ビ管を飼ってますw
120cm水槽 | コメント:7 | トラックバック:0 |

オーバーホール

以前記事にしたオメガ・シーマスターですが、先日オーバーホールに出しました。
外観はほぼそのままの状態で戻って来ましたが、動きに関しては問題ないようです。
そして手巻きとか書いてましたが、実際は自動巻きで、しかも値段も当時10万くらいだったらしいです…。
充分高価なものですけどね。

実はもう一つオーバーホールに出してまして、母方の祖父の形見の腕時計(アルバ・所有者は母)なんです。
こちらはクォーツで、だいぶくたびれた外観だったものが、とても綺麗になって戻って来ました。
バンドもボロボロだったので交換。
母もとても喜んでくれたので、オーバーホールに出して良かったです(*^_^*)

シーマスターとアルバの動画です。
アルバは正確に1秒ずつ刻み、シーマスターは1秒に6回?秒針が動きます。

MVI_7787
by TAO

どちらも長い間大事に使われてきた時計なので、これからも大切にしていきたいですね。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。