TAO 別館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海遊館見物

サンシャインワーフ神戸でのオフ会も無事に終わり、翌日は大阪の天保山マーケットプレイスへ。
目的は海遊館です。

海遊館は物凄く混む!ということだったので、宿の朝食が始まる7時半に行動開始です。

宿を出て目的地に着いたのが8時過ぎくらい。
すでに海遊館の入り口付近には100人くらい並んでました( ̄∇ ̄;)
普段は開館が10時らしいのですが、お盆の期間中は8時半に開館だったようで、たいして待つこともなく入館できました。

やはり海の生き物がメインなんですが、淡水魚の展示もなかなか力が入っています。

こちらはエンゼルフィッシュやネオンテトラ、カージナルテトラ、ペンギンテトラ、ロイヤルファロウェラなどがたくさん泳いでいた水槽です。
070813-1.jpg


原種ディスカスなんかもいたんですが、照明が暗かったこと、人が多すぎたこと、アクリルが細かい傷だらけだったこと、カメラが高感度に弱いことなどのおかげでまともな写真が撮れません(;_;)
070813-2.jpg



次の水槽では古代魚たちがこれまたたくさん混泳しています。

丸々と太ったタイガーシャベル(だと思う)。
よほど恵まれた環境にいるらしいですな。
070813-3.jpg


迫力満点のシルバーアロワナ。
普段熱帯魚屋で売られている可愛いサイズを見慣れているので、ここまで大きくて厳ついシルバーを見て、格好いいと感心してしまいました。
070813-4.jpg


大型の古代魚といえばコイツを抜きには語れませんな。
ピラルクーです。
070813-5.jpg

長野にある蓼科アミューズメント水族館で見たピラルクーに比べると大きさは小さいですが、その代わりいろんな魚と混泳して動き回っている姿が見られて感動です。

お隣は中型魚の泳ぐ水槽です。
070813-6.jpg

魚だけでなく、カメやらワニまで!
そんな中でオスカーやピラニアが悠然と泳いでいます。

ここから先はほぼ海水魚でした。
なぜかみんなで同じ方向を向いたまま静止しています。
070813-7.jpg

そろそろエサの時間なのかな?

文字通りのタコツボ。
本能なんでしょうねぇ。
070813-8.jpg

中にいると落ち着くんでしょうか。

これが海遊館一番の目玉、ジンベエザメの「海くん」です。
たくさんの魚たちを引き連れて、悠然と泳いでいます。
070813-9.jpg


ちょっと写真のできが悪かったので、動画も併せてどうぞ。



これは別水槽のイワシの群れです。
円柱型の水槽の中をグルグルと見事に回遊しています。
070813-10.jpg


全て見終わって出てくるのに2時間弱掛かりましたが、その間に入館待ちをする人の列はこんなことになっていました。
070813-11.jpg

向かって右側の建物がチケット売り場&入り口です。
正面が水族館。
入り口から続いて手前の黄色い屋根からはみ出しているのまでが並んで待っている人たちです。

この日も前日に続いてとても暑い日だったので、もしかしたら熱中症や熱射病になってしまった人もいたんじゃないでしょうか。
朝一で行動して大正解でした。

早めの昼食後、静岡に向けて出発です。
道中は何度も睡魔に襲われ、距離も長いため無理をしないようにゆきわかと運転を交代しながらの帰路となりました。
渋滞にも何度かはまりましたが、ほとんどはゆきわかの運転中で僕は楽な部分ばかりだったようで・・・。
ゆきわかに感謝です。

夕方には無事に地元に戻ってこられました。
今回は距離もさることながら、暑さとの戦いが一番辛かったですね。
次回遠征することがあれば、もっと涼しい時期を選びたいと思います。
おでかけ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<特等席 | HOME | サンシャインワーフ神戸オフ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。